SIDEBAR
»
S
I
D
E
B
A
R
«
婚約指輪に対する意識の変遷
2月 1st, 2014 by seconduser

婚約指輪は、主に男性が女性に婚約の証として送る指輪です。

以前は男性の給料の三か月分が相場といわれていましたが、これは宝石店の広告によるもので、特に根拠があるわけではありません。

特に近頃は不況が長引いている影響もあり、婚約指輪や結婚式に大金を使うよりは、結婚後の生活資金としてある程度残しておきたいという堅実なカップルが多く、30~50万円の指輪を購入する人が多いとのデータもあります。

また、女性の誕生石の指輪を購入するという話もありましたが、誕生石は月によって宝石の価値が大幅に変わってくるため、現在ではほとんどがダイヤモンドで統一されています。
トレンドをチェック→婚約指輪トレンドランキング 2014年版

女性からのお返しをするカップルもあり、一般的には時計をプレゼントするケースが多いです。

また、婚約指輪としてペアリングをお互い相手に購入し、二人でつけるというケースもあります。

この場合はダイヤリングではなく、ファッション性の高いブランドのリングなどを選ぶ傾向があります。

ただ、婚約成立後のプレゼントではなく、プロポーズと一緒に婚約指輪を渡す場合には、やはり奇をてらったものではなく、本来よく見かけるプラチナ台にダイヤモンドが付いている指輪をプレゼントすることが多いです。


Comments are closed

»  Substance:WordPress   »  Style:Ahren Ahimsa